肌年齢の低下は20代から?!早めの対策が大事!

お肌の曲がり角という言葉があるように、一般に25歳くらいになると肌状態が変わってくるといわれています。
それまではスキンケアに力をいれていなくても、若さである程度は補うこともできたでしょう。

しかし、20代中盤からは乾燥や紫外線、ストレス、食生活の乱れなどによるダメージが肌にあらわれはじめます。
小ジワ、シミ、肌あれなどの肌トラブルが急に目立ち始め、あわててスキンケアを本格的に考えるという場合も多いことと思います。

しかし、「20代でアンチエイジング対策をするのは早すぎじゃない?」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
アンチエイジング対策は翌日に効果が現れるという即効性のあるケアではないかもしれませんが、5年後、10年後の肌を考えた時、20代からはじめることは決して早すぎるということはありません。

今から毎日こつこつとつづければ30代、40代になったとき、同世代のなかでもしっかりと差が出てきます。
いつまでも若々しい美肌を維持するには毎日のひたむきなケアの積み重ねが必要です。

特に30歳を過ぎたあたりから肌のたるみや弾力のなさも出てきます。

これは、体内で生成されるコラーゲンやヒアルロン酸という美肌成分の量が加齢と共に低下していくためと思われます。
「年をとりたくない!」と思うより、年齢に負けない美肌作りを着実に始めていきましょう。加齢は誰しも避けて通れません。
10年後、20年後の自分のために、今から肌をケアしてみませんか?